トップイメージ

初めての妊娠

大きな期待と不安がいりまじった変な感じ・・・
初めての妊娠は、分からない事ばかりですね
妊娠についての基本的な知識をしっかりと見につけて、かわいい赤ちゃんを産みましょう




赤ちゃんの性別

妊娠中のお母さんや家族にとって、お腹の中の赤ちゃんが男の子なのか女の子なのか凄く気になりますよね
実は、赤ちゃんの性別というのは受精した時点で既に決まっているのです


人間の染色体は23対あり、そのうちの1対が性別を決める性染色体なのです
性染色体は、女性ならば「XX」であり、男性の場合は「XY」と決まっています
女性はもともとXXしか持っていません
しかし、男性にはXとYがあるので、受精した精子がXを持っているのかYを持っているのかで性別が決まります
Xを持った精子が受精したなら女の子、Yを持った精子が受精したなら男の子になります


受精時から性別が決まっているからといって、妊娠初期の時点で性別が分かるわけではありません
お腹の中の胎児の性器が作られ始めるのが妊娠3ヶ月目頃です
超音波で見ると、男の子にはオチンチンがついているのですぐにわかります
しかし、妊娠中に病院で女の子だと言われても、妊娠後期になると男の子に変わる場合もあるのです
男の子の場合、オチンチンが隠れていて見えないときがあります
その時にオチンチンが見つからないと「女の子」と言われるのです
産婦人科の先生に「男の子ですよ」と言われれば100%男の子が産まれますが、女の子と言われた場合は、隠れていたので見えなかったというケースもありえます


また、妊娠後期になるとお母さんのお腹はとても大きくなりますね
昔からお腹の形で赤ちゃんの性別がわかると言われています
女の子の場合は、お腹が丸くなって横にも膨らんでいく形です
男の子の場合ですと、お腹が前に突き出て尖がった様な形になるというのです
しかし、的中率はあてになりませんけどね・・・







サイト メニュー

【子どもリンク】電動鼻水吸引器 メルシーポット S-503
Copyright (C) 2008 初めての妊娠. All Rights Reserved.