トップイメージ

初めての妊娠

大きな期待と不安がいりまじった変な感じ・・・
初めての妊娠は、分からない事ばかりですね
妊娠についての基本的な知識をしっかりと見につけて、かわいい赤ちゃんを産みましょう




妊婦検診

妊婦検診というのは、妊娠中にお腹の中の赤ちゃんが順調に成長しているかどうか、またお母さんに問題はないかということを診察することです
妊娠しても、妊娠5週目以降にならないとお腹の中の赤ちゃんが確認できません
妊娠5週目以降になって初めて、お腹の中に赤ちゃんがいる袋が確認できて、妊娠だと告げられます



最近では、妊娠していても病院の費用がもったいないからといって妊婦検診にきちんと行かない方が多いようです
しかし、まちがいなく出産をするためには、妊婦検診が大切です
妊娠初期での妊婦検診は月に1回程度になります
初診の時は詳しい検査をします
その時の検査内容は、尿検査・問診・内診・血圧検査・体重測定・超音波検査などです
血圧検査・体重測定・超音波検査は、基本的に妊婦検診では毎回行います
初診の時には出産予定日も告げられます



妊娠中期頃になるとお腹の中の赤ちゃんに異常があれば、発見できるようになります
妊娠中期になると赤ちゃんの体の機能も完成してきているので、異常があるかないかを調べます
妊娠中期も妊婦検診は、月に1回程度になります



妊娠後期になると妊娠中毒症の検査や子宮口の検査等も調べることになります
妊娠後期では、週に1回の妊婦検診になります
出産も近くなってきている妊娠後期では、子宮口は開いているかどうか・赤ちゃんが下に下がってきているかどうか等も調べます



妊婦検診での費用は、検査内容にもよりますが1回の検診で5000円程度になります
また、産婦人科を選ぶ時には、予約制であること・病院が清潔であること・先生方が親切であることがキーになります
安心出来る産婦人科を選び、妊婦検診は必ず受けるようにして下さい
自己判断では、お腹の中の赤ちゃんやお母さんの状態はわかりません
妊娠中は何が起こるかわかりませんので、必ず妊婦検診を受けるようにしましょう







サイト メニュー

【子どもリンク】電動鼻水吸引器 メルシーポット S-503
Copyright (C) 2008 初めての妊娠. All Rights Reserved.