link 初めての妊娠
トップイメージ

初めての妊娠

大きな期待と不安がいりまじった変な感じ・・・
初めての妊娠は、分からない事ばかりですね
妊娠についての基本的な知識をしっかりと見につけて、かわいい赤ちゃんを産みましょう




妊娠10ヶ月(36〜39週)

妊娠39週では、赤ちゃんの頭が骨盤の中に入るため、子宮が下がり、子宮底長は約33cmになります
おなかのふくらみが、先月よりも少し低い位置になったように見えるかもしれません


出産予定日は40週0日ですが、出産に最適な期間には幅があり、37週0日?41週6日を正期産と呼びます
妊娠10ヶ月に入ると子宮が下がって胃を押し上げなくなるので、胃もたれが楽になりますが、引き続きカロリーオーバーにならないよう注意してください
また、下がってきた子宮に膀胱が圧迫され、トイレの回数が増えます
赤ちゃんの頭が骨盤の中に入り、からだ全体が動くような大きな胎動は減ります
子宮口や膣がやわらかくなるため、水っぽいおりものがさらに増加します


出産が近づいてきたサインはいくつかあります
おしるしという少量の血液が混じったおりものがそのひとつであり、これがあったら多くは数日後に陣痛が始まります
また、不規則だった子宮の収縮が10分間隔の規則的な張りになったら、陣痛の開始です
病院に連絡を取り、入院の仕度をして向かいましょう
通常、陣痛開始後に破水しますが、陣痛前に前期破水として起こる事もあります
その場合は感染の心配がありますので、すぐに病院へ向かいます


これらのサインのうち、おしるしから始まる人、陣痛から始まる人、前期破水から始まる人、それぞれです
二人目の出産時が、一人目の時と始まりが違うこともあります
妊娠10ヶ月に入ったら、お産の兆候に注意して過ごしましょう


妊娠がわかった日から今日まで、不安や期待、いろいろな想いを抱えながらおなかの赤ちゃんとともに過ごしてきたマタニティーライフとも、もうすぐお別れです
大きなおなかとさよならするのは、少しさみしいと思う方もいるでしょう
妊娠して自分のおなかの中で赤ちゃんを育てるなんて、とてもすばらしい経験です
そしてこれからは、もっとすばらしい子育てという経験をする日々が待っています
赤ちゃんに会える日も、まもなくです・・・


妊娠10ヶ月の赤ちゃんの様子

妊娠が判明した日からおよそ7ヶ月間・・・マタニティーライフを楽しんできましたか?
おなかもすっかり大きくなって、おなかの赤ちゃんとも楽しくコミュニケーションがとれるようになっていることでしょう



そして妊娠の最終月である10ヶ月(36〜39週)に入ると、心臓や呼吸器などの器官が成熟し、誕生に向けて赤ちゃんも準備を開始します
頭を下にして、ママの骨盤の中に降りてきます
子宮が窮屈になってきたので、赤ちゃんは両腕をぴったり胸につけ、あごをひき、ひざから曲げた両足をおなかに引き寄せたコンパクトな姿勢になります


一般に39週の赤ちゃんの体重は3000〜3100gといわれていますが、個人差が大きいです
おなかにいるときの推定体重は、超音波で診たBPD(頭の横幅)、FL(太ももの骨の長さ)、FTA(腹部の前後幅と横幅)を計算式に当てはめて調べますが、実際の体重とは誤差があります


誕生直前の赤ちゃんと新生児の違いは、肺呼吸をしているかどうかです
胎児の肺機能は35週頃から急速に成熟し、37週では肺呼吸が十分可能になります


おなかの中で、驚くほどのスピードで成長を遂げてきた赤ちゃん、ママと一緒に出産を乗り越え、ママに抱っこしてもらえる日もすぐそこですね






サイト メニュー

【子どもリンク】電動鼻水吸引器 メルシーポット S-503
Copyright (C) 2008 初めての妊娠. All Rights Reserved.