link 初めての妊娠
トップイメージ

初めての妊娠

大きな期待と不安がいりまじった変な感じ・・・
初めての妊娠は、分からない事ばかりですね
妊娠についての基本的な知識をしっかりと見につけて、かわいい赤ちゃんを産みましょう




妊娠9ヶ月(32〜35週)

妊娠35週になると、子宮底長は30cm超になり、みぞおちのあたりにまで達します
これは妊娠の期間中で最も高くなる時期で、その為に大きなおなかを抱えて一番大変なのが妊娠9ヶ月目といえます
心臓や肺も圧迫される為に、動悸や息切れがひどくなったりとか、胃のむかつきがひどくなったりします
膀胱も圧迫されるので、トイレの回数が増えて来ます
また、くしゃみとかせきをすると少量の尿が漏れる事もあります


出産の準備が始まって、膣や子宮口が柔らかくなってきます
その為に、おりものがますます増え、外陰部に腫れぼったい圧迫感を感じたりします
血液の循環量はさらに増えますので、夕方になるとむくみで靴がきつくなったり、足首が太くなる事もあります


この頃になると出産も間近ということで不安になることもあります
特に初めての妊娠の場合には、不安や緊張の日々を過ごすことになる方もいることでしょう
出産を乗り越える大きな力になるのは母親として「赤ちゃんに会いたい」という前向きな気持ちです
出産の知識を十分に身につけておくと、不安を減らすことができますし、出産が楽しみになってきます


妊娠9ヶ月に入ったら、陣痛を乗り切るリラックス法を練習しておくと良いと思います
長時間の分娩を乗り切るには、上手にリラックスして、心身の負担をできるだけ軽くする事が重要です
また、腰の痛みの和らげ方としては、仰向けの状態で握りこぶしを腰にあて、腹式呼吸で吸う時に押して吐く時に力を抜くという方法もあります


呼吸の仕方・マッサージ・力の抜き方など、リラックスする方法を助産師さんに相談したり、アドバイスをもらうなどして、出産をイメージしながら練習をしてみてください


妊娠9ヶ月の赤ちゃんの様子

妊娠9ヶ月頃の赤ちゃんは、見た目にはもう新生児と変わりません
手足は活発に動かしますが、子宮の中で回れないくらいに体が大きくなっています
妊娠9ヶ月の始めである32週頃には自律神経が成熟し、交感神経と副交感神経のバランスがとれてきて、心拍・呼吸・体温調節の働きが整ってきます
ただし、まだ完全ではないので、もう少しおなかの中にいたほうが、産まれた後にスムーズに胎外生活が送れます
35週になると、肺と腎臓の機能がほぼ完成します






サイト メニュー

【子どもリンク】電動鼻水吸引器 メルシーポット S-503
Copyright (C) 2008 初めての妊娠. All Rights Reserved.