link 初めての妊娠
トップイメージ

初めての妊娠

大きな期待と不安がいりまじった変な感じ・・・
初めての妊娠は、分からない事ばかりですね
妊娠についての基本的な知識をしっかりと見につけて、かわいい赤ちゃんを産みましょう




妊娠8ヶ月(28〜31週)

妊娠28週からは、いよいよ妊娠後期に入ります
子宮底長は、31週には約26〜29cmにもなり、お臍とみぞおちの中間くらいにまで達します
足元が見えにくい位にお腹が大きくなってくるので、階段の上り下りなどに注意が必要です
また「靴下が履きにくい」とかお腹の大きさを実感する方も多いことでしょう


この頃は、子宮が大きくなった分、心臓や胃を押し上げる形になります
このため、動悸や息切れ・胃もたれを感じる様になります
また下腹部や足のつけ根に重苦しさや痛み等を感じることもあります
妊娠にともなう症状ではありますが、体に負担がかかっているサインですから、無理をせずに休む様にしましょう


この頃は妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の心配も高まってきます
一日中むくんでいる時は要注意なので、お医者さんに相談してみてください
また、夕方から夜にかけてお腹が張ってきて、硬くなる回数も増えます
休むと治まるものであれば、妊娠にともなう生理的なものなので心配ありません
ずっと張りが続いているとか、定期的に張りがやってくる、場合は受診してください
それが早産の兆候であってもなくても、ひとりで心配せずに、お医者さんに診てもらっておけば安心です

また、後期に入ったこの時期から、そろそろ赤ちゃんにつける名前の候補を相談しておきましょう
「生まれて顔を見てから決める」という思う方もいるでしょうが、いざとなってあわてない為にも、男女両方の名前の候補をいくつか挙げておくと良いと思います
名前に使えない漢字も法律で決められていますので、命名の本等で調べておくとよいです
赤ちゃんがいる暮らしをイメージして、パートナーも一緒に赤ちゃんを迎える準備をしていってくださいね


妊娠8ヶ月の赤ちゃんの様子

妊娠8ヶ月の頃の赤ちゃんは、身長(頭殿長)は約40cm、体重は約1500gにまで成長しています
妊娠28週を過ぎる頃になると、心臓・腎臓・骨髄など、赤ちゃんが生きていくための器官の機能がほぼ完成します
出生後の肺呼吸の練習として、まるで呼吸している様に肺をふくらませる様子も見られます
万一、早産になったとしても、適切な低体重児医療を受ければ育つ可能性がかなり高くなっていると言えます
ただし、肺は呼吸に似た動きを始めたとはいうものの、まだ未熟な状態です
そのため、もうしばらくはお母さんのお腹の中で育つ必要があります


赤ちゃんには皮下脂肪がつき、体がさらに大きくなり、子宮がだんだん窮屈になってきます
活発に体を回転させようとする赤ちゃんもいますが、頭位(頭を下にする)の姿勢になる赤ちゃんが増えてきます
この時点で逆子の赤ちゃんもいますが、妊娠9ヶ月で自然に頭位に戻ることもあるので、あまり早くから心配する事はありません
最終的に逆子で出産を迎える事になる方は、全体の3〜5%程度だそうです


逆子を治すための体操として、両膝と胸を床につけて、お尻を高く持ち上げる姿勢を5〜10分保つ方法があります
いわゆる「逆子体操」です
この体操を行なうにはお医者さんの許可をもらって下さい
また、逆子治療に鍼灸を取り入れている病院もあるようです
鍼灸は逆子を治すだけでなく、安産や産後の回復にも効果があるそうです
副作用のない方法として、妊娠をきっかけにして鍼灸を初体験する人の話も聞かれます






サイト メニュー

【子どもリンク】電動鼻水吸引器 メルシーポット S-503
Copyright (C) 2008 初めての妊娠. All Rights Reserved.