link 初めての妊娠
トップイメージ

初めての妊娠

大きな期待と不安がいりまじった変な感じ・・・
初めての妊娠は、分からない事ばかりですね
妊娠についての基本的な知識をしっかりと見につけて、かわいい赤ちゃんを産みましょう




妊娠7ヶ月(24〜27週)

妊娠に気付いてからおよそ半年が経って、この頃は妊娠中期最期の月になります
子宮はおへその上までの大きさになり、子宮底も23〜26cmほどになります
下腹部だけではなくてウエストまわりも重く感じるようになります
赤ちゃんがおなかを蹴ったり、ぐるりと回転する動きなどは、頻繁に感じるようになります
この頃になると、お腹の外から触っても胎動がわかるくらい強くなります
この時期にたくさんお腹をなでで、たくさん話しかけてあげてください


一方で、お腹が大きくなったことで起こるマイナートラブルに悩まされる方も増えてきます
たとえば静脈瘤もそのひとつです
ふくらはぎや太ももの内側、外陰部などの血管が瘤のようにふくらみます
また、おなかやバストの皮膚が引き伸ばされることにより、妊娠線が現れることもあります
静脈瘤や妊娠線は、痛みがあったり見た目が気になりますが、妊娠にともなう生理的な変化ですので、普通はお産が終われば、ほとんど気にならない程度に改善されます


そのほかにも便秘や立ちくらみ、足のむくみなどがひどくなったりします
また、仰向けに寝るのが苦しくなってきます
腰や背中が痛くて、仰向けに寝るのが苦しい時は、体の左側を下にして、シムスの体位をとりましょう
ひざにクッションをあてると、体が安定します


妊娠中期を過ぎる頃から、お腹の張りを感じる人も増えてきます
お母さんが感じるお腹の張りは子宮の収縮です
座ったり横になれば治まる張りなら心配いりません
安静にしても張りが続く様な時は、お医者さんに診てもらってください


妊娠7ヶ月の赤ちゃんの様子

赤ちゃんの性別は妊娠した瞬間に決まっていますが、区別がはっきりと目に見えてくるのはこの頃です
超音波検査を受けた時の赤ちゃんの姿勢によって、もっと早い時期に分かることもありますが、妊娠7ヶ月のこの頃になると、お母さんが見てもわかるくらいに外性器がはっきりと写ることがあるのです
病院の方針などにもよりますが、赤ちゃんの性別が気になる方は、お医者さんに尋ねてみるのも良いかもしれません


この頃の赤ちゃんは身長(頭殿長)が約35cm、体重が約1kgです
身長の伸びが緩やかになる代わりに、皮下脂肪が増えて、体がふっくらしてきます
全身に産毛が生え、皮膚も厚くなり、以前より肌色に近くなってきますが、まだ皮下脂肪が十分ではないので皺が多い状態です


脳も発達し、運動機能もかなり充実してきます
今までは子宮壁にぶつかったときにはずみで回ることが多かったのですが、この頃になると自分の意思で向きを変えたり、動きをコントロールできるようになります
聴覚が発達し、お母さんの心臓の音が聞こえるようになります
また子宮が大きくなり、妊娠が進むにつれお母さんの腹壁が薄くなってくる為に、お母さんの声や外界の音もさらに良く聞こえるようになります

まぶたは上下に分かれて、まばたきが出来るようになります
まだ明暗を認識する程度ですが、視覚も発達してきます


超音波の画像を見ると、赤ちゃんが正面を向いていれば、その顔立ちがわかります
健診時にもらった超音波写真を持ち帰って、誰に似ているかと、家族で話すのも楽しみですね






サイト メニュー

【子どもリンク】電動鼻水吸引器 メルシーポット S-503
Copyright (C) 2008 初めての妊娠. All Rights Reserved.