link 初めての妊娠
トップイメージ

初めての妊娠

大きな期待と不安がいりまじった変な感じ・・・
初めての妊娠は、分からない事ばかりですね
妊娠についての基本的な知識をしっかりと見につけて、かわいい赤ちゃんを産みましょう




妊娠6ヶ月(20〜23週)

妊娠がわかった当初は見た目にもまったくわからなかった体型が、たった数ヶ月ですっかり妊婦さんらしくなってきます

妊娠6ヶ月になると、子宮は大人の頭よりひと回り大きくなって、子宮底もおへその辺りにまで達します
前にせり出すように大きくなってきた子宮を支えるため、体が反り返った姿勢になります
そのせいで、背中の痛みや腰痛、あるいは足がつるなどのマイナートラブルに悩ませる方が増えてきます
これらの症状をやわらげるには、運動をして血行を良くする事が大切です
運動は体重のコントロールにも役立ちます


また妊娠すると乳腺葉(乳腺)が発達し、脂肪がついて乳房が大きくなります
母乳が本格的に分泌するのは産後ですから、まだまだ先ですが準備は妊娠中から始まっています
この頃は、母乳を作るホルモンであるプロラクチンが分泌される様になるので、乳頭から半透明の乳汁がにじみ出てくる方もいます


妊娠中に、パートナーと二人で思い出作りに旅行をするなら、体調が安定している中期の間が良いでしょう
移動や日程に無理のない様に近場がおすすめです
旅行するときは、母子手帳・健康保険証・かかりつけの病院の連絡先・生理用ナプキン・動きやすい服装やはきなれた靴、の準備をお忘れなく
また、念のため、出発前に診察を受けておくと安心です


妊娠中期に入った方を対象に母親学級や両親学級を開催する病院や保健所があります
両親学級についてはパートナーも参加出来ますので、ぜひ受講して、妊娠や出産の正しい知識、新生児のお世話などをご一緒に学んで欲しいと思います


妊娠6ヶ月の赤ちゃんの様子

妊娠6ヶ月になると、大きくせり出したママのおなかからもわかるように、赤ちゃんはどんどん大きくなり、妊娠23週頃には身長(頭殿長)が約30cm、体重が約650gにまで成長しています
その為に、妊婦健診時の超音波の画面でも全身が写らなくなります
しかし、頭と手のアップを見ることが出来たり、指の形まで見ることが出来るようになります


この頃の赤ちゃんは子宮の壁を蹴ったり、両足のつま先をくっつけたりして、羊水の中で活発に動き回ります
妊娠16週頃には赤ちゃんはまだ小さくて、元気に動いていてもママには気付きにくかったのですが、妊娠20週頃からは動きが力強くダイナミックになり、感じる胎動もますます強くなってきます
しかしこの頃はまだ赤ちゃんの位置が定まっていないので、健診時に逆子になっていることも良くあると思います
たいていの場合、最終的には頭を下に向けた頭位になります


顔にはまゆ毛やまつ毛が生え始め、髪の毛もだんだん濃くなってきます
口の中には、将来には乳歯となって生えてくる部分が形成されます
皮膚の神経・聴覚・味覚・嗅覚などの感覚がさらに発達します
手のしわや指紋のもとになる隆起も盛り上がってきます
消化機能も発達してきて、羊水を飲んでおしっこをします
胎児のおしっこは水の様できれいです


また卵巣や精巣が発達し、ホルモン分泌も盛んになり、外性器の形もはっきりとしてきます
妊娠したとき、すでに赤ちゃんの性別は決まっていますが、この頃になってやっと超音波映像で外見から確認できるようになります
しかし超音波映像により性別を知る事が出来ても、100%確実とは言えません
また赤ちゃんの位置や姿勢によっては、外性器の部分を確認することが出来ない事もあります
赤ちゃんの性別を知りたい両親にとっては、次回の健診までのお楽しみ、となります






サイト メニュー

【子どもリンク】電動鼻水吸引器 メルシーポット S-503
Copyright (C) 2008 初めての妊娠. All Rights Reserved.