link 初めての妊娠
トップイメージ

初めての妊娠

大きな期待と不安がいりまじった変な感じ・・・
初めての妊娠は、分からない事ばかりですね
妊娠についての基本的な知識をしっかりと見につけて、かわいい赤ちゃんを産みましょう




妊娠5ヶ月(16〜19週)

妊娠5ヶ月は妊娠期間の中期にあたり、胎盤も完成していて、いわゆる安定期に入ります
子宮は大人の頭くらいの大きさになり、お母さんのお腹は見た目にもふっくらして妊婦さん体型になってきます


この頃から、妊婦健診では子宮の大きさを調べる為、子宮底長と腹囲を測り始めます
子宮底長は、足を伸ばした仰向けの姿勢で、恥骨の上から子宮底までの長さを測ります
腹囲はおへその上のおなかの一番大きいまわりの長さを測ります


また、18週頃からそろそろ胎動(おなかの赤ちゃんの動き)を感じ始める方も出てきます
経産婦(妊娠が2回目以降の妊婦)の場合はもう少し早く、16週頃から胎動を感じる方がいます
胎動の感じ方には個人差があります
おなかの中で泡がポコポコと動く感じ、だとか、おなかの内側をなでられている感じなど、いろいろです
また、一般に太っている人よりも痩せている人の方が感じ易いとも言われています


ただしこの時期はまだまだ赤ちゃんの体重は軽く、赤ちゃんが動いても母体に響きにくいので、妊娠5ヶ月末頃まで胎動を感じない人もいます
超音波映像で赤ちゃんの元気な様子が確認できれば、胎動を感じるのが遅くても特に心配することはありません


この頃はおなかだけでなく乳房も大きくなり、ウエスト辺りにも皮下脂肪がついて、お母さんの体は全体的にふっくらとしてきます
妊娠前の下着がきつく感じてきたら、マタニティー用の下着にそろそろ替える時期です
成長するバストやおなかをやさしく包み、それでいてがっちりとサポートしてくれるものを選びましょう


妊娠5ヶ月の赤ちゃんの様子

妊娠初期のいろいろな不安や、つわりにつらい時期を過ごしていたお母さんも、5ヶ月頃になると落ち着いてマタニティーライフを過ごせる様になります
そしておなかの中の赤ちゃんとのコミュニケーションを楽しめる様になってくる時期でもあります


この頃の赤ちゃんの頭は鶏卵大、つまり、妊娠する前のお母さんの子宮ほどの大きさになります
身長に対する頭の比率が少し小さくなり、平均的に4頭身くらいになります
骨格と筋肉も発達してきて、赤ちゃんは益々羊水の中で活発に動ける様になります
足を伸ばしたり、首を振ったり、動きにだんだんバラエティが出てきます
その動きをおなかの中で感じ始める妊婦さんも出てきます
赤ちゃんの動きは「元気にしているよ」のサインです
胎動を感じる時が、妊娠して一番しあわせを感じるときだという方もいます


赤ちゃんの皮膚の色はだんだんと赤みを帯び、体型も、皮下脂肪がついてふっくらしてきます
胎毛と呼ばれる産毛も全身に生えてきて、手足には爪が生えてきます
でも爪が完成するのはもう少し先で、8ヶ月頃です
聴覚機能がかなり発達し、外の音が聞こえて反応する様になります
たくさん赤ちゃんに話しかけてあげて下さい
逆に、パパとママのけんかの声も聞こえていますから、夫婦喧嘩をしない様にしましょう


生まれてからおっぱいを吸う準備とし、自分の指をしゃぶる動きもかなり盛んに見られるようになります


子宮の中で、赤ちゃんは羊水にぷかぷかと浮かぶような格好をしています
赤ちゃんは羊水を飲んでおしっこを羊水に排出していますが、羊水は赤ちゃんを外の衝撃から守るクッションの役目も担っているのです






サイト メニュー

【子どもリンク】電動鼻水吸引器 メルシーポット S-503
Copyright (C) 2008 初めての妊娠. All Rights Reserved.