link 初めての妊娠
トップイメージ

初めての妊娠

大きな期待と不安がいりまじった変な感じ・・・
初めての妊娠は、分からない事ばかりですね
妊娠についての基本的な知識をしっかりと見につけて、かわいい赤ちゃんを産みましょう




妊娠1ヶ月(0〜3週)

あれ、毎月くるはずの生理がこない・・・
予定よりも1週間ほど生理が遅れて・・・自分で妊娠検査薬を使って検査をしたら陽性反応が出て、産婦人科を訪ねたとします
そこでお医者さんから「妊娠5週です」と言われると、「えっ?妊娠してから、もう5週間経ってるの?」と驚く人も、いるかもしれません
妊娠週数の数え方は、初期の段階は分かりにくく感じるようです


妊娠0週0日というのは、最終月経が始まった日の事を言います
つまり妊娠0週は整理中ということになります
月経が終わると、お母さんの体内では卵巣の中で卵子が育ち始めています
子宮内膜が少しずつ厚くなり、体は妊娠が可能な環境になります
月経28日周期の人では、最終月経の開始日から14日目頃に排卵が起こります
この前後に性交があり、精子と卵子が出会い、受精すると受精卵が誕生します
ママの卵管で誕生したこの受精卵は、その後、何度も細胞分裂を繰り返しながら子宮へと移動していきます
そして受精から約1週間後には子宮内膜に着床して、妊娠が成立します
妊娠週数でいうと、妊娠3週頃に妊娠した計算になるのです


妊娠1ヶ月のお母さんの体

この頃のお母さんには、はっきりとした妊娠の自覚症状はないと思います
でも妊娠を継続させるために、女性ホルモンなどさまざまなホルモンが活発に分泌されるようになっています
このホルモン環境の変化によって、お母さんの体にあらわれてくるサインがあります
いらいらする・いつも眠く感じる・肌が荒れる・おりものが増える・乳房が張る・便秘がちになる、などです
感じ方はひとによってそれぞれ違うものですが、この様な症状は妊娠のサインとして知っておくとよいでしょう


妊娠1ヶ月の赤ちゃんの様子

月経周期が28日の方の場合、卵管で受精卵が誕生するのはだいたい妊娠2週目になります
受精卵が子宮までたどり着くのに、受精から3日くらいかかります
その間、受精卵は1個→2個→4個→8個・・・と細胞分裂を繰り返し、子宮に到達する頃には桑の実のような形にまで成長します
そして桑実胚と呼ばれるその受精卵が胞胚に変化し、いよいよ着床という状態になりま
この着床が妊娠の成立になります
このように妊娠1ヶ月の間に受精卵は驚くほどのスピードで変化をしていきます
しかし、まだ小さいために超音波検査で確認することは出来ません


妊娠3週末頃になると、受精卵はタツノオトシゴのような形にまで変化してきます
この頃には既に、中枢神経・心臓・肝臓など、生命の根源となる器官の元になる組織がほぼ出来あがっています
中枢神経は、この後に脳や脊髄に分かれて発達していくものです


しかし、妊娠1〜2ヶ月の間は、流産の可能性が高い時期でもあります
まず受精卵が子宮に到達するまでの間に、細胞分裂が十分に行なわれないとうまく着床出来ません


その後も超音波検査で胎児の心拍が確認できる頃までは、十分な注意が必要です


赤ちゃんの性別は、既に受精した瞬間に決まっています
性別を決める性染色体にはXとYがあります
卵子の性染色体はXXという組み合わせだけですが、精子の性染色体にはXXとXYがあります
XXの精子が受精するとXXで赤ちゃんは女の子に、XYの精子が受精するとXYで男の子になります

しかし、妊娠した時点では性別が決まっていますが、超音波映像で確認できるのはまだ先のことなのです






サイト メニュー

【子どもリンク】電動鼻水吸引器 メルシーポット S-503
Copyright (C) 2008 初めての妊娠. All Rights Reserved.