トップイメージ

初めての妊娠

大きな期待と不安がいりまじった変な感じ・・・
初めての妊娠は、分からない事ばかりですね
妊娠についての基本的な知識をしっかりと見につけて、かわいい赤ちゃんを産みましょう




腰痛の予防

妊娠中期になると、大きくなったおなかを支えようとして、自然に背骨が反り返ったカーブになって、腰に負担がかかりやすくなります
また、ホルモンの影響で、骨盤や背骨の関節がゆるんで、体重を支える力が弱くなっていることも腰痛の原因になります
これらは妊娠にともなう生理的な変化ですので、残念ながら産後まで腰痛が解消されることはありません
むしろ、これからおなかが大きくなるに従って、痛みが増すことがあります
そこで今のうちから正しい姿勢を保つようにして、適度な運動をして血行をうながして、腰への負担をなるべく減らすようにしましょう


長時間、同じ姿勢を続ける事を避け、疲れたら横になって休むことも大切です
妊娠中も仕事を続けている方はなかなか横になるのは難しいと思いますが、上司に相談するなどして休憩を小分けにとるとか、無理なく働けると良いですね
楽な姿勢をしても痛みが続くときは、椎間板ヘルニアなど他の病気の可能性があるので、お医者さんに相談しましょう


腰痛を和らげる為の日常生活での注意点をいくつか挙げておきます
●料理のとき…立ち続けずに、時々いすに座って休んだりとか、低い台に片足を交互に乗せたりすると筋肉の緊張がやわらぎます
●掃除のとき…掃除機は柄の長さを調節して片手で持つ様にすると、背筋が伸びて腰が楽になります
●いすに座るとき…背もたれに背をつけて、深く腰掛ける様にします
●階段の上り下り…猫背にならないよう背筋を伸ばして、重心を片足にしっかり乗せてから、もう一方の足を動かす様に心がけます


また、ネコのように四つんばいの姿勢で背中を丸めたり背骨を反らしたりを繰り返すストレッチも腰痛をやわらげる効果があります
仰向けに寝て両ひざを立てて、拳骨を腰の気持ちよい部分に押し当てながら両ひざを左右交互に倒して腰をひねる体操も、効果があって良いと思います







サイト メニュー

【子どもリンク】電動鼻水吸引器 メルシーポット S-503
Copyright (C) 2008 初めての妊娠. All Rights Reserved.