トップイメージ

初めての妊娠

大きな期待と不安がいりまじった変な感じ・・・
初めての妊娠は、分からない事ばかりですね
妊娠についての基本的な知識をしっかりと見につけて、かわいい赤ちゃんを産みましょう




妊娠初期に気をつけること

妊娠初期に注意することがいくつかあります。
控えたほうが良いことをあげてみました。


1.ストレスを溜めること

ストレスは、血流を悪くしたり、体調を崩したりします。
特に妊娠初期は、つわりが始まって気分が良くないことが多いので、ストレスを溜めないことが重要です。


2.体を冷やすこと

妊娠初期体が冷えると、つわりがひどくなったり、お腹が張りやすくなります。
また、腰痛や便秘になりやすくなるとか、足がむくみやすくなるとかの悪影響があります。
妊娠中に悩む症状の多くにひえが影響しています。
くれぐれも身体を冷やさないようにしましょう。


3.お酒やたばこ

妊娠初期のお酒やたばこは、お腹の赤ちゃんに影響が出ることがはっきりと分かっています。
妊娠していることが分かったら、すぐに止めましょう。
副流煙も同様なので、家族にも禁煙してもらいましょう。
喫煙は、胎児の発育遅延や成長障害と関係があります。


4.重いものを持たないこと

妊娠初期は、まだ胎盤が不安定なので、強い腹圧がかかるようなことは避けたほうが良いでしょう。
重いものを持つときは周りの人に頼むようにしましょう。








サイト メニュー

【子どもリンク】電動鼻水吸引器 メルシーポット S-503
Copyright (C) 2008 初めての妊娠. All Rights Reserved.