トップイメージ

初めての妊娠

大きな期待と不安がいりまじった変な感じ・・・
初めての妊娠は、分からない事ばかりですね
妊娠についての基本的な知識をしっかりと見につけて、かわいい赤ちゃんを産みましょう




妊娠中の喫煙

妊娠中の喫煙は、決して良いことではありません
今の時代は、女性が喫煙するのも珍しい事ではありません
妊娠中は、お母さんが食べた物や飲み物などは全てお腹の中の赤ちゃんに流れています
ニコチンには血管を収縮させる作用がありますので、お母さんの血管を細く収縮させてしまいます
その結果、お母さんの血液中の酸素が不足してしまい、赤ちゃんにも十分な酸素を送ることが出来なくなってしまうのです


では、妊娠中に喫煙をするとどうなるのでしょうか?
早産と流産の恐れが高まります
もちろん喫煙したら全員がそうなる訳ではありませんが、可能性が高まるのは確かです
また、低体重児が産まれてきたり、子宮内胎児発育遅延(IUGR)の原因になる事もあります


産婦人科の先生に聞くと、妊娠中の喫煙は絶対にダメと言う方と、数本なら良いと言う方にわかれます
「数本なら大丈夫」と言う理由は、禁煙によって生じるストレスのデメリットを考えて言うのです
妊娠中にストレスを感じるのは、あまり良くありません
禁煙した事によってストレスを感じて、胎児に影響しては良くないのです
しかし、だからといって喫煙しても良いと言う意味ではありません
1日3本などと本数をきちんと決めておき、最終的には禁煙出来ることが理想ですね


妊娠中の喫煙は大きなリスクをともないますが、出産後の赤ちゃんにも危険が生じるのをご存知でしょうか?
出産時には異常がなくても、出産後に乳幼児突然死症候群の様な恐ろしい事が起こる可能性もあるのです
妊娠中の喫煙が原因で、乳幼児突然死症候群の発生リスクが高まっているのです


この様な事にならない為にも、妊娠中の喫煙は極力控えた方が良いでしょう
子供の将来と健康を願うなら、是非禁煙することをお勧めします







サイト メニュー

【子どもリンク】電動鼻水吸引器 メルシーポット S-503
Copyright (C) 2008 初めての妊娠. All Rights Reserved.