トップイメージ

初めての妊娠

大きな期待と不安がいりまじった変な感じ・・・
初めての妊娠は、分からない事ばかりですね
妊娠についての基本的な知識をしっかりと見につけて、かわいい赤ちゃんを産みましょう




妊娠中の飲酒

妊娠中の飲酒は決して良いとはいえません
妊娠中にお母さんがお酒を飲んで酔っ払うと、お腹の中の赤ちゃんも酔っ払った状態になります
お腹の中の赤ちゃんは、まだ肝臓が未熟でアルコールを処理する力が弱いので、お母さんよりも酔った状態になります


妊娠中お母さんが飲酒すると、産まれてきた赤ちゃんが「胎児アルコール症候群」と診断される危険性もあります
では、胎児アルコール症候群というのはどの様なものなのでしょうか?
多くは、発育不全です


妊娠中に喫煙していた場合の症状と同じく、低体重児の割合が高くなります
アルコールやタバコに染められた子宮の中は、お腹の中の赤ちゃんにとって居心地が悪いので、成長を拒むのです
他の症状として、知的障害・行動障害などがあります
また、小頭症や特異的な顔つきの赤ちゃんが産まれてくる可能性も高くなります
大人の場合は、飲酒しても自分でアルコールを代謝できる力がありますが、赤ちゃんにはないので障害が残るという事です


妊娠中の飲酒は、たとえ少量でも毎日飲んでいると、障害を持った赤ちゃんが産まれる可能性が高くなります
お酒が大好きでやめられないという方でも、妊娠中は赤ちゃんのために絶対に禁酒してください


妊娠に気づく前に大量のアルコールを摂取していても、問題ありません
しかし「妊娠したかも?」と感じたら飲酒はやめた方が良いでしょう
お腹の中の赤ちゃんに影響を与えてしまってからでは遅いです
妊娠中の飲酒は、家族にも協力してもらってやめるのが1番です







サイト メニュー

【子どもリンク】電動鼻水吸引器 メルシーポット S-503
Copyright (C) 2008 初めての妊娠. All Rights Reserved.